スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の言葉63 -安藤百福-

「考えて考えて考え抜け。考え抜いたその果てにひと筋の光が見えてくるのだ。」
本当の新製品を作るべく考えて考えて考え抜いていきましょう。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今年は安藤百福さんの生誕百年に当たるそうでして、特番なんかもちょろちょろと見ます。知っている人は知っていると思いますが、彼は世界初のインスタントラーメン(皆さんおなじみチキンラーメンとカップヌードルです)の開発者で日清食品(株)の創業者でもあります(安藤百福生誕100年記念カップヌードルなるものも発売されているそうです)。

 安藤百福さん、22歳でメリヤス販売の会社を設立し日本から製品を仕入れて台湾で売り、大成功を収めていましたが、太平洋戦争が始まると彼の人生は大きく狂ってきます。最初は共同経営を始めた軍用機のエンジン部品製造の会社でのことでした。工場に割り振られた軍用物資を横流ししているという、まったく身に覚えのない濡れ衣を着せられ憲兵に逮捕されます。拘束され、暴行を毎日加えられます。出された食事は粗末で、洗っていない食器からは異臭が漂い、とても食べられたものではないのですが、飢えているいじょうそれを食べなければなりません。知り合いの陸軍中将の助けによりようやく救出された時に彼は衰弱して歩くことも容易でなかったそうです。この人間にとってどれだけ食が大切なものか骨身に染みた経験が後の彼の人生に影響します。

「日本の復興は食から」──そう強く思った安藤百福さんは、終戦後、製塩業や加工食品の輸出入などの事業を立ち上げながら「国民栄養科学研究所」を設立し、栄養食品の開発に乗り出しました。そして仕事で足を運んだ厚生省で、アメリカの余剰小麦を使って、粉食のパンやビスケットを奨励している場面に出会います。「同じ小麦を使うなら東洋には麺がある。なぜに麺を奨励しないのか?」。この疑問が後のインスタントラーメンの開発へと繋がります。事業はいずれも成功し、その後、請われるままに大阪の信用組合の理事長になるのですが、この経営が破綻。事業を整理すると一文無しになってしまいます。

 そこでめげないところが安藤百福氏のすごいところです。「失ったのは財産だけじゃないか。その分だけ経験が血や肉となって身に付いたと思えばいい」。彼は、自宅の庭に10平方メートルに満たない小屋を作ります。ささやかな研究所です。ここでインスタントラーメンの開発を開始しました。朝5時に起きて小屋に閉じこもり、夜の1時、2時まで研究。睡眠時間1日4時間の生活を1年間休みなく続けたそうです。そんな中で奥さんがてんぷらを揚げているを見て、麺を脂で揚げるという方法を思いつきます(このエピソードは結構TVで紹介されています)。彼がチキンラーメンを開発した研究小屋は、大阪「インスタントラーメン発明記念館」に再現されているそうです。

 さて、そんな彼は若い人にこうはっぱをかけたといいます。「考えて考えて考え抜け。考え抜いたその果てにひと筋の光が見えてくるのだ」、と。小さな研究小屋で安藤は考えが浮かぶとそれをメモし、壁に貼り付けます。壁はそんなメモでいっぱいになる。そのメモを見ながらまたさらに考え、実際に試して検証する。その気の遠くなるような繰り返し。発明とは前例のない挑戦です。答えが出る公式など存在しない。試行錯誤の果てに自分で見つけるしかないのだ。

 本当の新製品、本当の発明、本当の開発というのは世の中に無いもの、常識に囚われていないものです。そんなものが簡単にできる訳がありません。しかし、この競争の厳しい世の中、簡単に真似できるような開発品では競争に勝つことは出来ません。本当の新製品を作るべく考えて考えて考え抜いていきましょう。

*参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%97%A4%E7%99%BE%E7%A6%8F
http://goethe.nikkei.co.jp/human/100311/
http://meigen-shu.info/?eid=29
http://quote.qooin.com/maxim/ando-momofuku.html

安藤百福に関連するものを調べましょう



東信ジャーナル[Blog版] | 日本初の専門施設が完成!! 「安藤百福記念 ...

安藤スポーツ・食文化振興財団(大阪府、理事長 安藤宏基・日清食品ホールディングスCEO)は小諸市大久保に自然体験活動の指導者を養成する国内初の専門施設「安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター」を建設し、21日に現地で竣工式典を行った。 ...



雑想 (Philosophy) : アンパンマンは実在する! - Celestial Spells

そう、安藤百福さんこそ、リアルアンパンマンその人なのだ。この安藤百福さんもまた戦争体験者であり、『食の仕事は、世の中に幸福を生む「聖職」である。』という信念のもと、インスタントラーメンを生み出した。アンパンマンが生まれた背景と全く同じで ...



たけひこのラーメン全国食べ歩き:麺翁 百福亭@新横浜 - livedoor Blog ...

4月21日(水)の夜に新横浜ラーメン博物館の麺翁 百福亭に行きました。即席麺を開発した日清食品の故・安藤百福氏の生誕100周年を記念して2010年4月20日?5月16日までの約1ヶ月の期間限定店舗となっています。 ちなみに麺翁 百福亭の店舗ですが、大阪府池田 ...



新規の広告(日清食品社のカップヌードルライト)についての疑問 ...

安藤百福先生は、どう思われるでしょうか? ご生存であれば、ご意見をお伺いしたいです 先ほど、日清食品社の「カップヌードル・ライト」のテレビ広告を観ました。 カップヌードルの図案を体に描いた、痩身の美女が、 背中を向けて、そのスリムさをPRしたり ...



まぁ取敢えず とそれはそれ? 今日まで、そして明日から/ウェブリブログ

カップヌードルを作った日清の安藤 百福さんリスペクトのこの一品・・、. 画像. これはないだろう、乾麺使うなら同じ580円を取るなよ?、と言いたい・・美味しくなかったな?。 但し、これはあくまでカップヌードルを作った安藤 百福さんが・・という ...



日清百福長寿麺 鶏だしそば

インスタントラーメンの父、安藤百福生誕百年を記念してつくられたもの。



熱くなくちゃぁいかん: あまのじゃっくのひとりごと

日清の(故)安藤百福さんに怒られそうだが( ̄Д ̄;;. そして、. インスタントラーメンのドンブリに. お湯を注ぐタイプはもっと苦手。 なぜなら、. 「ぬるなるやん ( ゚皿゚)キーッ!!!」 カップヌードルとかは、保温効果のある容器の ...



My diary @ 試験運用中#2::カップラーメンの歴史お勉強

おもてには日清の創業者、安藤百福さんの銅像が建ってます。手にはチキンラーメン、土台はカップヌードル、どちらも安藤さんが開発したものなんだそうですよ。入場無料。 カップヌードルの仕組み館内はチキンラーメンとカップヌードルができるまでの歴史 ...



新横浜ラーメン博物館

RIP 安藤百福. あとは行った事無い店へと、こんな感じのいかがわしい通りを入っていくと・・・ 純連・すみれの元祖の味「らーめんの駅」がラー博で復活って事で決定 昔すみれもあったやんね. rah_haku_05.jpg. もちろん「味噌ラーメン」オーダー ...



ラーメン博物館で食べ歩き

まず、一軒目は、期間限定出店の「麺翁 百福亭」。チキンラーメン創始者の安藤百福さんがチキンラーメン開発時にふるまったラーメンがあるとしたらこんな味?というのを博多一風堂の人がプロデュースしたお店。深い醤油味。麺は、チキンラーメンを ...



カップヌードル出現前後

先日、鳥越俊太郎がチキンラーメンと発明者の安藤百福氏について紹介する番組の中で、自身の学生時代の下宿での経験を語っていた。



アイデアの文化史インスタントラーメン

□「格安」「高級」ますます多様化インスタントラーメンの発明者、安藤百福(ももふく)の生誕百年を記念したラーメンが、16日までの期間限定で発売中だと聞いて、横浜市港北区を訪ねた。 新横浜ラーメン博物館(ラー博)は、全国各地のラーメンが食べ ...


スポンサーサイト

テーマ : 成功する為に必要な事
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

中年サラリーマンお父さん

Author:中年サラリーマンお父さん
某メーカー研究所に勤めるサラリーマンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

日々是めもめも
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。