スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医学会・病院内・医療の現実に触れる!

「孤高のメス-外科医当麻鉄彦-」を読破中

「孤高のメス-外科医当麻鉄彦-」の1,2巻が図書館予約できたので読み始めました。これは以前にも書きましたが以前ビジネスジャンプで連載していた「メスよ輝け!!」の小説版です。前の記述に若干間違いがあったのでまずその点を修正します。前は「孤高のメス」は「メスよ輝け!!」の続編と書きましたが、正確に言うと「孤高のメス-神の手にあらず-」が「メスを輝け!!」の続編で(こちらを私はブックスーパーイトウで見て、後ろの解説文を読んだんです)、現在読んでいる「孤高のメス-外科医当麻鉄彦-」は「メスを輝け!!」をそのまま小説にしたものです。映画(堤真一主演で6/25公開)はどの当たりの話を中心にするんだろう。

さて、原作は著名な外科医で多くの著作を持ち活発に活動されている大鐘稔彦氏です(「メスを輝け!!」は高山路爛というペンネームで原作)。さすがに手術のシーンや医療界の内情などが具に書かれています。また、個々人の心情も具体に適に描き出しているので、漫画の時とは違ってここの登場人物の心情が良く分り行動が納得いきました(漫画では絵で見せる部分が多いので逆に心理描写は難しいですよね)。さらに、単純に小説としてストーリーが面白いと思います。私は本を読む時間としては通勤中の電車の中しか取れないのですが、1巻を2日間で読破してしまいました。

医療の現場のあり方に知りたい方、医療漫画や小説の好きな方、単純に面白い小説が読みたい方、いずれの方にもお奨めです!

*「メスよ輝け!!」のマンガはこちら


*「孤高のメス」の小説はこちら


大鐘稔彦氏の他の著作も読みたい方はこちらをどうぞ

*「孤高のメス」の映画情報はこちらです
  http://www.kokouno-mes.com/

「孤高のメス」: でんでん大将のひとり言

それが、あの映画で見せたじっくりとした演技、特に自分の過去を語り、主人公の父親の死の床にむかうよう言い聞かせる場面は涙した俺だった。以来この女優に注目、出る映画をそのあと見続けている。「食堂かたつむり」も観た。そして今回の「孤高のメス」 ...



孤高のメス 私の映画・映画館/ウェブリブログ

私の映画・映画館の孤高のメスに関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)時代背景は1989年。まだ、脳死移植に関する法整備が行われていなかった時代の物語です。この作品のテーマが、脳死肝移植にあることは、後半になってわかります ...



「孤高のメス」 命を繋ぐ、志を繋ぐ: はらやんの映画徒然草

「孤高のメス」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・成島出監督・大鐘稔彦静かで深い感動でした。 「慣例だから、諦めるんですか?」 この一言に涙が止まりませんでした。 自分も含めて、世の中というものは、とかく「まわりがみんなそうしている ...



「孤高のメス」 都はるみの歌が聞こえる 完璧な卵/ウェブリブログ

完璧な卵の「孤高のメス」 都はるみの歌が聞こえるに関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)映画「孤高のメス」2010年 配給:東映 監督:成島出 脚本:加藤正人 原作:大鐘稔彦 出演:堤真一 夏川結衣 吉沢悠 中越典子 松重豊 成宮 ...



ときどきブログ: 映画135「孤高のメス」

「孤高のメス」 「ここうのめす」と打ったら「戸口の雌」と変換された。 どうなんだ?俺のPCって。 成島監督と堤真一のコンビは「フライ・ダディ・フライ」「クライマーズ・ハイ」に続いて3作目。 相性がいいのか、お互い好きなのか今のところハズれが ...



水戸梅日記: 孤高のメス

孤高のメス. Koko 目の前の命を. 救うため. タブーに挑む. 外科医・・・。 手術のシーンが. 丁寧に描かれています。 俳優さんたちもみんな. “はまり役”という感じで、よかったです。 しかし、「仕事に一生懸命!」というだけで ...



映画 『孤高のメス』 を 鑑賞。 岩崎 徹 本日の おすすめメッセージ ...

岩崎 徹 本日の おすすめメッセージ ブログの映画 『孤高のメス』 を 鑑賞。に関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)親愛なる貴方様へ。



孤高のメス: うつつ日記

孤高のメス. 孤高のメス観てきました。期待どうりすごく良かったです。自分の仕事に信念を持って真摯に取り組む当麻医師の姿が感動的でした。とにかく観て!良かったって絶対思うはず。 2010年7月19日 (月) 日記・コラム・つぶやき | 固定リンク ...



孤高のメス @ ぴあ映画生活

『孤高のメス』は2010年の日本映画。★★★★☆(82点)『孤高のメス』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。


スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【映画評】孤高のメス

天才的な技術を持ったさすらい医師が地方の市立病院を意識改革していくヒューマンドラマ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

中年サラリーマンお父さん

Author:中年サラリーマンお父さん
某メーカー研究所に勤めるサラリーマンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

日々是めもめも
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。