スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんでもない医者に当たった経験(その4)

今度はでなくお袋の話です。

夏休み(8月)に帰省した時の話。お袋の顔色が優れません。
「何か調子悪そうだけど大丈夫?」
「お腹の調子が悪くて、食欲も無いの」
「医者に行った?」
「6月ごろ検査してもらったけど、問題無いって・・・。2月には定期健診も受けたしねー。夏ばてじゃないかしら?」
「うん、分かった。とにかく、気をつけてね」

東京に戻ってきてから9月の頭親父から電話がありました。
「母さんが胃がんで手遅れだそうだ」
「え!?」
「もう腹の中いっぱいにがんが飛び散っていて、手の施しようが無いだそうだ」
「は?だって、6月に検査して異常が無かったんでしょう?」
「そうなんだが・・・。やはりおかしいので、別の病院で見てもらったらそういう診断だったんだ・・・。」

この時、お袋は66歳。この年ですから、がんの進行はかなり遅いはずです。6月に異常が無くて9月に手遅れとなるほどがんの進行が早いとは到底思えません。6月の検診どころか2月の検診で見つかっていてもおかしくないと思うんですが・・・。

結局お袋はがんセンターに入院し、抗がん剤治療で一時良化したものの後は回復せず、一年持ちませんでした・・・。


*がんに掛からない方法だそうです。こういうのを当時知っていれば・・・



◆≪末期ガンを超克!≫◆
スポンサーサイト

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

コメント

非公開コメント

プロフィール

中年サラリーマンお父さん

Author:中年サラリーマンお父さん
某メーカー研究所に勤めるサラリーマンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

日々是めもめも
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。