スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分をどう表現するか

先週は「自分をどう表現するかーパフォーマンス学入門―」という本を読んでいました。著者は佐藤綾子さん。日本のパフォーマンス学の創始者です。パフォーマンスというと、最近は“性能”とか“能力”という意味でも使われますが、ここでは“表現”という意味です。

どういう学問かというと 社会学、文化人類学、心理学、演劇学、スピーチ学をベースとしたが学際学問で、つまりは「自分をどう表現するか?相手に見せたい&伝えたい自分」を意図的に表現しよう。という学問です。

いくら実力があっても、また思っていることがあっても、それが自分の外に表現されて、他人から分かるようにならなければ意味がありません。極端に言えば無いも同じです。パフォーマンス学では、その自分の内部を外に向かって体全体を使って表現する方法を述べています。それはまた逆に、相手の行動から相手の内面を推測することが出来、相手の心情を慮ることでその状況に合わせて対応することができます。つまり、コミニケーション能力アップにもつながります。

また、どういう行動をすれば周囲からどう受け取られるか、ということもここに入ってきますので、周囲から好印象を持ってもらうためにはどういう行動をすれば良いのかも分かります。

基本はスマイル&傾聴&共感。要はにっこり笑って(状況により笑いの程度は変えて)印象を良くし、傾聴で相手の言うことをきちんと聞いていることを示し、相槌をうって共感していることを示すことで、相手に受け入れてもらうことです。

講談社の新書なので学問的に書いてあって、ちょっと堅いかな?という気はしますが、よくまとまっているので一度読んでみると良いと思いました。


テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

エグゼクティブの「クギを刺す」技術

先週は“エグゼクティブの「クギを刺す」技術”という本を読んでいました。著者は国際パフォーマンス研究所代表の佐藤綾子さんです。恥ずかしながら私は全く知らなかったのですが、パフォーマンス学の権威というか日本で初めて「日常生活における自己表現」の意味での社会学的用語として「パフォーマンス」の語を導入された方だそうです。

「パフォーマンス」というと目立ちたがり屋みたいな感じもしますが「自己表現」というと自分の中にあるものを外に分かり安く出すということで、コミュニケーションの最初であり、色々な場面で必要なことです。勉強すると面白いかも?と思いました。

本の方は、タイトルから分かるように上司が部下に仕事をしてもらう時に、それが円滑に進むように”クギを刺す“のをどの様にしているのか、述べています。クギを刺すタイミングや部下のタイプ別にどの様に対応するかが書かれています。なので、管理職の方には参考になると思うのですが、一方で逆に指示される側としてはこういった点を気をつけなければいけない、ということが分かります。(サラリーマンは部下を持つ立場になっても、その上に上司はいると言うことで。)

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

電子出版の未来図

「電子出版の未来図」という本を読んでいました。紙の出版に対し電子出版側の人間がどう考えているのかを知りたくて読んでみました(そういえば震災前までは某T大の名誉教授初め盛んに紙の出版はなくならない、大丈夫だ、みたいな論調を繰り広げていた方々がいました。何を主観的で自分勝手なことばっかり言っているんだ-、と私は思っていたのですが、今はすっかりなりを潜めてしまいましたね。その馬鹿な論調に乗っかる人も馬鹿だと思いますが。評論家のような人たちは、勝手なことだけ言って自分たちで責任を取りませんから、そういう人たちに振り回されないように注意しましょう。)

著者は立入 勝義(たちいりかつよし)さんというブログ作家、ソーシャルメディア・プロデューサー、ジャーナリスト、翻訳家、と多彩な肩書きを持つ方です。電子出版側の人が書いた本なので、電子出版の可能性や日本の市場ではこういうことをすべきという提言が書かれていました。はっきり言って、紙の出版物の話は全く出てこずに相手にしていない、ということがよく分かりました。

本の中にも出ていているのですが、日本国内の出版業界は種々の事情によりまだ電子出版が普及していないのが幸いして、紙の出版物がまだまだ激減していませんが、遅かれ早かれ状況が変わるのは目に見えています。早々に情報伝達媒体以外の部分での紙の用途開発や新事業を確立すべきと感じました。




テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

日本は如何に下っていくべきか

先週・今週と石原慎太郎の「新・堕落論」と五木寛之の「下山の思想」を読んでいました。どちらも先の敗戦から日本が奇跡の復興を果たし、経済大国として発展を究めた後現在は下がって(衰退)して行く時期である。それを認識するとともに、国としてあるいは人としてどうあるべきか、ということに関して書かれています。バブルが弾けて以降、前々からそれは分かっている話なのでしょうが、3.11.の大震災をきっかけにそれを強く感じたと言うことでしょう。

石原さんの方がタイトル通り少々過激な書き方で(人柄もそうですが)、五木さんの方はもっと穏やかな表現に成っています。いずれにせよ、時代が変わり、世の中が変わっていく中で価値観も考え方も変わっていくと言うことでしょう。五木さんが「登ったならば降りなければならない。降りて、家に帰り着くまでが登山だ。そして、家で休んだ後にまた別の山に登ればよい」といった主旨のことを書かれていましたが、まさに、今下山している中で上からゆっくりと世界を見渡して次にどうするべきか考える時期なのかもしれません。






余談ですが、昔々少年ジャンプに「ホイッスル!」というサッカー漫画が連載されていました。98年から2002年までなので、今から10年前です。地味な漫画ですが(基本的に地味好き)、主人公の夢に対するひたむきさが好きで全巻そろえています。その中で、韓国代表と戦うエピソードがあるのですが、その頃はまだ韓国で日本の文化が解放されていなかったので、わざわざ安室奈美恵やSPEEDのCDを韓国の選手の為に韓国まで持って行くという話がありました。今のK-POP大流行の状況を見ると、10年でいかに状況が変わったかと感じざるを得ません。




その頃は日本はまだ韓国よりも経済的に上でしたが、今はね・・・。今週の「社長島耕作」でもやっていましたが、家電業界などは全然勝負にならないでしょう。いい加減、山は下り終わって家に帰っているのに、未だに次の山を決められなくて逡巡している状況のような気もします。



・・・等と、愚痴ってもしょうがないので、今後どうすべきかが大事でしょう。次にどこを目指すべきか、どの山に登るか?私としては、経験がない人間としてはまずは頂上の見える登れそうな山から登り、経験を積んでからもっと高い山を目指すべきと考えているのですが、直ぐにチョモランマ(エベレスト)に登れという人がいて困ったもんです。エベレストに素人が登ったら直ぐに死んでしまうんですが。

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

できる人の脳が冴える30の習慣

今週は「できる人の脳が冴える30の習慣」という本を読んでいました。

この本に限らず、色々な本を読んだり情報収集をした場合、その中には賛同できるものもあり賛同できないものもありますが、そこら辺は種々選択しながら取り入れるようにしています。他の本やTV等でも同じようなことを言っている場合は、ある程度一般性があるのかな、と判断します(その場合、注意しなければならないのは、発信源で、発信源が同じ人で別の人がしゃべっている場合などは駄目ですね)。

・経費精算は貯めない-小さなストレスは脳の働きを悪くする
・「忙しい」という人は頭の回転が悪くなる
 仕事の出来る人ほど時間に余裕を持って行動する。
 ネガティブな発言は脳の働きを悪くする
 私も心がけていますが、なかなか出来ない-!!
・仕事が出来るかどうかは動機付けで決まる
「心があって動きがある」
行動に移せない時は動機を再確認してみる
・集中できない時は思い切って関係ないことをする
 煮詰まっている時、頭の切り替え、別の発想法の本だったかでは過剰な情報が脳に入って整理できていない時で、別のことをしている間に脳の中で自動的に情報整理をしてくれる。そして、再度取り組むと整理されているので進めやすい。

結構一般的に言われているもの(どっか別のところでも見たもの)ものが多く、自分の行動の見直しに役立つと思います。


テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Author:中年サラリーマンお父さん
某メーカー研究所に勤めるサラリーマンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

日々是めもめも
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。